韓国での子育て日和。

韓国に嫁ぎ、子育て中です。
育児ノイローゼにならないよう
ブログ始めてみました◎

緩和ケア

ここ1週間

確実に死に向かっている人の側で

1日の半分以上を過ごす



生の中に

そのすぐ先に

迫っている死



緩和ケアという名も

最近知った


いわゆるホスピス



そこだけ

時間がゆっくり流れているような

でもやっぱり確実に

時が流れている場所





苦しい時期が長くなってくると

痛いのが大嫌いな私なんかはすぐ

安楽死だとか

現実から逃げるような事ばかり

頭に浮かんでしまう

(安楽死を逃げと考えているのではなく

それは私も尊厳死だと考える派)




そんなにも苦しくて

水すら飲む事を禁じられて

(誤嚥防止)


私なら1日長く生きたところで

なんて弱音を吐くだろうに


昔の人だから

特に強いんだろうけど


最期が近いと聞いて

集まった家族たちの顔を見ては

笑みを浮かべる

そんな瞬間を見ると

たったそれだけの事でも

本人にとっては

大きな生きる希望なのかもしれないと

感じる



もっと

少しでも

みんなと居たいから




だから

否定的な言葉を

ひとつも漏らさないのかもしれない



かすかに

口から漏れる言葉も

弱音であろうと

いま生きている事を

感じる言葉ばかりだ




母は

年を越せたら

と願う




元旦には

看護師さんの獅子舞も

見れるらしい







病院の計測器


80cmから測れるらしく

悲しくも

未だ80を超えられず、、、




これはまた

来月の検診で

引っかかるわ。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。